県議はえんどう 静岡県議会議員 えんどう行洋 オフィシャルサイト

文字サイズ

ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

最新記事一覧

2011.05.06

浜岡原発全面停止へ

菅直人首相が、「浜岡原発の全原子炉の停止を中部電力に要請した」と、発表しました。
首相が、浜岡原発に対して、踏み込んだ発言をしたことは評価したいと思います。

浜岡に対しては、私も、「止めるべき」だと思っていました。

先週、中部電力の原子力担当の方に話を聞きました。
近いうちに、現場を視察することにもなっていました。
自分なりに、しっかりとした「根拠」を持ったうえで、知事に会うつもりでした。
その前に、首相自らが浜岡停止に言及したのは、正直驚きました。

浜岡については、専門家の間でも、さまざまな意見があります。

1つめは、津波です。
浜岡砂丘が「天然の防波堤」となり、高さ12m程度の津波はブロックできると、
中部電力側は説明をしていますが、
浜岡原発は、2本の河川に挟まれるように立っているので、
東北地方を襲った津波のように「想定外」の津波が襲ってくる可能性は十分あります。

2つ目は、地震が発生した時に、しっかり止まるかということです。
この点に関しては、一昨年のM6.5の地震、150ガルの揺れでも停止したことから、
停止装置の作動は実証されています。

また、非常用ディーゼル発電も、
福島は、地下にありましたが、
浜岡は、タービン建屋1Fにありますので、
福島のようにはならないでしょう。

3つ目は、断層により、配管が切断される恐れがあることです。
私は、津波よりも、実は、これが一番怖いと思っています。
配管や容器が破損すれば、高濃度の放射性物質の放出は止められません。
破局的な大事故につながる可能性は、十分にあります。
風向きによっては、広範囲に放射能汚染が及ぶことは確実です。

経済的損失も大きいでしょう。
経済学者の中には、日本の経済損失は1000兆円を超すと、試算してる人もいます。

私は、危機管理の基本の一つは、
「最悪の事態を想定して、住民の安全を確保すること」だと考えています。
その意味から言うと、
「いつ起きてもおかしくない」とされる東海地震に備えて、
浜岡原発を停止することは、賢明な判断です。

この首相の判断を、中部電力はどのように受け止めるのでしょうか。

原発事故を繰り返さないためにも、真正面から向き合うべきです。

2011.04.25

統一地方選挙を終えて

統一地方選挙が終わりました。

後半戦の間も、ホームページの更新を控えておりました。

本日から再開いたします。

今回は、東日本大震災後の復旧・復興の中での選挙戦となりました。
被災地では、未だに、選挙ができる状況ではなく、
本当の意味での「統一」地方選にはなりませんでした。

みんなの党では、当初から、
被災地の状況が整うまで、全国一律に延期するよう主張していましたが、
東北三県以外の地域では、予定通り挙行されました。

自粛ムードの中、
新人候補が多いみんなの党の候補者は、ひじょうに苦しい戦いでした。
仲間の多くが、涙をのむ結果となりました。
ほんとうに残念です。

地震対策・原発対応に関する情報も、一部の情報のみに偏り、
みんなの党の震災への対応は、ほとんど報道されませんでした。
「第三局の選択肢」は、完全に埋没してしまった感じです。

みんなの党は、被災者の生活支援や復興支援に、党を挙げて、力を注いでいます。
詳細については、新着情報にアップいたしましたので、ぜひご覧ください。

今回、みんなの党にとって、きびしい結果となりましたが、
「脱官僚」「地域主権」「生活重視」のアジェンダの下、
真の国民政党として成長できるよう、精一杯がんばっていく所存です。

静岡県議会においては、「みんなの党・無所属クラブ」という会派を立ち上げ、始動しました。

県政も、課題は山積していますが、
まずは、東海地震対策に全力で取り組んでまいります。

県議会での活動は、随時、このホームページでもお伝えしてまいります。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

2011.04.11

選挙結果ご報告

このたび、皆さまのご支援で、県政の場に押し上げていただきました。

昨年12月の市長選以来、臥薪嘗胆の思いでしたので、感無量です。
当選の報を受けた時は、友人と抱き合い、男泣きしました。

今回は、3月8日の出馬表明の直後に東日本大震災が発生し、
自粛ムードの中、ほとんど活動ができませんでした。

出遅れと準備不足に加えて、時間も、資金も、人手もなく、孤軍奮闘でした。
たいへん苦しい戦いでした。

それだけに、
10,576人の方からいただいた「まごころ」は、一生の宝ものです。

初心を忘れず、皆さまのご期待に応えるべく、
精一杯がんばってまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

遠藤行洋

2011.03.31

国民の生命と財産を守ること

3月11日の東日本大震災で、
貴い命を失った皆さまに、深い哀悼の誠を捧げますとともに、
今なお、避難生活をされている被災者の皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。

震災の傷痕はあまりにも深く、復興には、まだかなりの時間が必要です。
みんなの党も、震災発生後ただちに、地震被害対策本部を設置し、
被災された皆さまの生活支援と、復興支援に力を注いでいます。

今回の大震災で、新たな危機も浮き彫りになりました。
原子力発電に対する安全性の問題です。

静岡県も、浜岡原子力発電所を抱えています。
その対策は、待ったなしの課題です。

危機管理の基本は、
「わかっていること」と「わからないこと」を、はっきりさせて説明すること。
最悪の事態を想定して、住民の皆さまの安全を確保することです。

そして、起きてしまった時の対応として、一番大切なことは、一刻も早い「初動」です。
東日本大震災では、この初動が大きく遅れました。

東海地震は、近い将来、必ずやってきます。
それが起きれば、静岡県も甚大な被害が予想されます。

今、静岡県として、何をすべきなのか。
待ったなしの課題は3つあります。

1つめは、 初動態勢の構築です。
東部・中部・西部に、防災基地をつくる必要があります。
そこに、防災ヘリなどを常駐させ、水と食料を人口分備蓄します。

2つめは、 情報発信・情報伝達の仕組みをしっかりつくることです。
特に、沿岸の地域には、津波情報を「迅速に」「正確に」伝えなければなりません。
避難ルート・避難場所も、再度見直します。

3つめは、 ハザードマップを作り直すことです。
東海地震はM8.0を想定しています。
今回の東日本大震災はM9.0です。
マグニチュードが1違うと、地震のエネルギーは、31.6倍です。
この想定で、新たなハザードマップを早急に作成します。
それに基づいた防災対策を、県も市も、急がねばなりません。

政治は、今こそ、国民の生命と財産を守るため、全力を挙げる時です。
そして、それが、政治の最大の使命です。

私は、覚悟と信念を持って、この「使命」に、人生を懸けて取り組んでまいります。

2011.03.24

心に響いた選手宣誓

「私たちは16年前、阪神淡路大震災の年に生まれました。

今、東日本大震災で多くの尊い命が奪われ、私たちの心は悲しみでいっぱいです。

被災地では、すべての方々が一丸となり、仲間とともに頑張っておられます。

人は、仲間に支えられることで、大きな困難を乗り越えることができると信じています。

私たちに、今できること。

それは、この大会を精いっぱい元気を出して戦うことです。

がんばろう、日本。

生かされている命に感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。」

23日に開幕した選抜高校野球開会式、
創志学園の野山慎介主将の選手宣誓に、目頭が熱くなりました。

今年の開会式は、入場行進を行わず、簡素に行われました。
選手たちが外野グラウンドに整列した後、
震災の犠牲者に黙とうがささげられました。

いきものがかりの「ありがとう」が流れる中、選手たちは1校ずつマウンドに向かって前進。
大会が開催されたことへの「ありがとう」という想いが、甲子園球場を包みました。

『がんばろう!日本』
バックネット下のフェンスに、スローガンが掲げられています。

ピッチャーが投げるたびに、テレビ画面に映し出されます。
その言葉は、力投する投手とともに、
被災地の皆さんを勇気づけていることでしょう。

今回は、開催すべきかどうかを巡って、さまざまな議論があったと聞きます。
主催者は、「甲子園の土を踏むという、一生に一度かもしれない選手たちの機会をなくしたくない」と、
開催を決めました。

1995年に発生した阪神大震災では、甲子園球場周辺も大きな被害を受けましたが、
「災害復興に寄与する大会」と位置づけて開催されました。

今大会も簡素化を図ったうえで、
入場料収入の一部を義援金に充て、球場で募金活動も行って、被災地を支援しています。

大震災の被災地はいまだ、懸命な救援活動や
福島第1原発事故への対応が続く厳しい局面にあります。

そんな時だからこそ、
高校球児たちは、野球ができる幸せをしっかり受けとめ、
全力プレーを見せてほしいと思います。

球児たちのひたむきな姿が、
被災地の人々、そして日本中の人たちへの励ましとなるに違いありません。

2011.03.21

震災から10日

3月11日午後2時46分から、きょうで10日を迎えます。

未曾有の巨大地震の傷痕はあまりにも深く、
亡くなられた方・行方不明の方が、2万1000人を超えてしまいました。

そんな中、昨日、宮城県石巻市で、
倒壊した家屋から、80歳の祖母と16歳の孫が、消防レスキュー隊に救助されました。
地震発生から丸9日、217時間たっていました。
救出の場面をテレビで見た時、思わず涙がこぼれました。

福島第1原発では、東京消防庁や自衛隊が、
きょうも、4号機の使用済み核燃料プールへの放水を続けました。

また、第1原発内の放射性物質で汚染されたがれきを撤去するため、
御殿場市の陸上自衛隊駒門駐屯地から派遣された戦車2台が、
前線基地となっている福島県のJヴィレッジに到着しました。

私たち国民のため、命を懸けて作業にあたっています。
「名もなき勇者たち」に心から敬意を表します。

ただ、悔やまれるのは、初動の遅れです。

自衛隊に本格要請したのは、地震発生から5日後の16日。
医療チームを派遣したのは、6日後。
消防レスキュー隊を現地に派遣したのは、7日後でした。

がれきの下には、まだ、たくさんの人がいるはずです。
「もっと早ければ・・・」
そう思ったのは、私だけではないでしょう。

危機管理の基本は、
「わかっていること」と「わからないこと」をはっきりさせて説明すること。
最悪の事態を想定して住民の安全を確保すること。

そして、起きてしまった時の対応として、最も重要なことは、
一刻も早い「初動」です。

東海地震が予想される静岡県。
想定外の事態に備えて、
「初動態勢」の再構築を急がねばなりません。
しかも、待ったなしで。

私たちは、これまで体験したことのない事態に向き合っています。

その「覚悟」がいま、必要です。

Page: Prev 1 2 3 4 5 6 7 Next
;

ブログ