県議はえんどう 静岡県議会議員 えんどう行洋 オフィシャルサイト

文字サイズ

ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

最新記事一覧

2013.11.27

民意軽視の強行採決

特定秘密保護法案が26日、衆院で可決され参院に送られました。

法案は国会提出からわずか1カ月。
修正されてからは2時間の審議で採決が強行されました。

この法案は、
外交や防衛などの分野で、
漏えいすると国の安全保障に支障を与える恐れがある情報を「特定秘密」に指定し、
情報を漏らした公務員らに、最長で懲役10年の罰則を科す法案です。

この法案の根本的な問題点は4つあります。

1 報道・取材の自由が制限され、
公務員側も厳罰を恐れて情報提供しなくなる結果、
国民の「知る権利」が侵害されるおそれがあります。

2 秘密の範囲があいまいです。
具体的に何が秘密にあたるのかが「安全保障に関する情報」と広範で、
わかりにくいことです。

3 秘密指定の期間が「原則30年」から
「60年を超えることができない」と後退。
半永久的に情報が遮断されてしまいます。

4 第三者機関について、
首相は「私は設置すべきだと考えている」と答弁しましたが、
権限や時期、具体的な組織など不明確です。

本当に国益のために秘すべき機密なのか…
権力にとって都合が悪く隠したいだけの秘密なのか…
判然としないことが、この法案の最大の問題点です。

また、「特定」という言葉を使いながら、
法案に「その他」がたくさん出てきます。
それが、この法案の危うさを際立たせています。

国会議員といえども、秘密の壁に阻まれてしまいます。
仮に情報を得たとしても、口外すると処罰の対象になります。
国政のテーマについての言論を封じ込める法案は、ほとんど情報統制です。
どれだけの議員が、この深刻さを理解しているでしょうか。
議員こそ、反対の先頭に立つべきなのです。

権力監視の力と自由な言論を失うとき、
最大の被害者は国民です。

私は、この法案には断固反対です。

いまこそ「良識の府」参議院の力が試される時です。

2013.09.25

県議会9月定例会 開会

県議会9月定例会が、きょう開会し、
川勝知事が議案の概要を説明し、県政の課題について所信を述べました。

その中から、抜粋してお伝えします。

まず、地震・津波対策の推進です。
市町が緊急に取り組む対策を推進できるよう、
新しく「緊急地震・津波対策交付金」を創設します。
第4次地震被害想定の2次報告については、
ライフラインや交通施設、経済被害等を今年の11月に公表する方針です。

また今年5月に「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が改正されました。
この法改正に合わせ、建築物の耐震化を促進するため、
国が補助制度を拡充いたしました。

次に、総合計画の推進についてです。
社会経済情勢の変化にも的確に対応し、
富国有徳の理想郷「ふじのくに」づくりを推進するため、
年度内に新しい基本計画を策定いたします。
これは、4年間で前倒しして完遂する所存です。

「内陸フロンティア」を拓く取り組みは、
構想段階から実行段階に入っています。
内陸フロンティア構想を独自に策定して、
地域づくりを進めようとしている市町に対しては、
県からアドバイスチームを派遣するなど支援を強化しています。

「明治日本の産業革命遺産 九州・山口と関連地域」については、
9月17日、国は、韮山反射炉を含む地域を、世界文化遺産として推薦することを決めました。
平成27年度の世界文化遺産登録に向けて県としても全力で取り組んでまいります。

少子化対策については、
安心こども基金を活用した保育所等の施設整備を、
9月補正予算案に盛り込むほか、
子育てが仕事として社会的に評価される仕組みづくりに取り組んでいます。

有料道路「伊豆中央道」と「修善寺道路」については、
平成30年代半ばまでの伊豆縦貫道完成をめざし、
両道路を同時に無料開放できる合併採算制を導入することにしました。

以上が、知事提案説明の一部です。

9月定例会から、一問一答方式が導入されます。
県民のみなさまに、よりわかりやすい議会にするため、
これからも議会改革に取り組んでまいります。

2013.07.01

富士山の光と影

7月1日、
富士山世界文化遺産登録後、初めての山開きです。

各地で、神事やイベントが行われ、
私も、三島駅南口で、富士山開山式に出席しました。

関係者のあいさつでは、皆一様に、観光の活性化に期待を寄せていました。

確かに、いまは、観光面にスポットライトがあたっています。
しかし、光が強くなればなるほど、その影は、長く大きくなっていきます。

影の部分とは・・・
急増する登山者の安全対策
山小屋のキャパシティと排泄物の処理
弾丸登山者への注意喚起
景観と環境の保全
生態系や水資源の保護 等々
~問題は山積しています。

先日、「富士山学」の第一人者で、
グラウンドワーク三島の渡辺豊博専務理事に話を聞きました。

渡辺氏は、
「文化遺産登録は、富士山の過去への評価。
次は、いまの富士山を評価する自然遺産にシフトチェンジし、
最終的には、複合遺産登録を目指すべき」と語った上で、
次の6つの提言を行いました。

1 「富士山庁」をつくる
現在は、8合目以上の管轄があいまいになっています。
救助をするときも、静岡県なのか山梨県なのか不明瞭。
安全対策を一元化するためにも「富士山庁」の必要性を訴えています。

2 「富士山立法」の制定
「富士山環境再生基本法」をつくり、
景観や環境を破壊するような行為には、しっかり罰則を設ける。
ゴミ投棄に対しても、厳しい罰則が必要と主張しています。

3 「富士山基金」の創設
環境保全には資金が必要です。
資金は行政が出すのがベスト。
渡辺氏は、国が100億、静岡県が50億、山梨県が34億と試算しています。

4 専門家の活用
日本における、富士山の専門家は23名。
彼らの経験や知識が活かされていないので、
専門家の「知」を集める必要があると訴えています。

5 「総合研究所」の創設
富士山の研究機関を設け、様々な角度から研究。
「ヨセミテ森林研究所」のような施設が理想だそうです。

6 「ビジターセンター」の設置
危機管理や救助活動の拠点施設を兼ねた安全センターにすべき。
登山教育の場としても活用できるようにしたいということです。

以上6点、
渡辺氏の提言は、示唆に富んでおり、たいへん有益でした。

今後、これらの提言をもとに富士山の調査研究を行い、
富士山の景観と環境を守るため、全力で取り組む覚悟を新たにしました。

「世界の宝」を後世にしっかりと伝承していくこと。
それが、私たちの責任と義務です。

2013.06.16

川勝県政 第2ステージ

川勝平太静岡県知事の再選が決まりました。
108万票を超える県政史上最多得票でした。

私は17日間、遊説チームの一員として選挙戦を戦いました。
本当に充実した戦いができたと思っています。
ご支援いただいたみなさまに心より感謝申し上げます。

勝因は、4年間の川勝県政が県民のみなさまに評価された結果だと思います。

川勝知事の功績はたくさんありますが、大きなものは次の5つでしょう。

●1つめは、政策能力と実行力です。
その証拠に、昨年は「マニフェスト大賞グランプリ」を受賞しました。
「政策日本一」の称号を与えられたと言ってもいいでしょう。

●2つめは、富士山の世界文化遺産登録にむけた取り組みです。
川勝知事が標榜する「ふじのくにづくり」は、
富士山のお膝元・静岡県を日本の理想郷にしようというものです。
その富士山が「世界の富士山」になったことは、静岡県民の誇りです。

●3つめは、前倒し!前倒し!です。
昨年4月に開通した新東名は、1年余りの前倒し。
今年度中に実現の「静岡式35人学級」は、3年前倒しです。
『いつやるか?今でしょ!』の精神で、
できることは、どんどんやってきました。

●4つめは、地域外交の確立です。
国と近隣諸国との外交が進まない中、川勝知事は地域外交を展開しました。
中国、モンゴル、韓国、台湾など、静岡県は友好関係を築きました。
「国の仕事」だった外交を地域間で行ったことは大きな意味があります。

●5つめは、内陸フロンティア構想です。
これは、新東名や東駿河湾環状道路を軸に、
防災・減災と成長戦略を両立させる取り組みです。
すでに総合特区も勝ち取りました。

そのほかにも、
○中学生まで、こども医療費の助成
○待機児童ゼロを21市町で実現
○健康寿命日本一
○耕作放棄地の解消
○食材の王国づくり
など、多くの実績を残しました。
今後も、これらの政策は継続して行います。

2期目の任期中、浜岡原子力発電所への対応も迫られます。
知事は、「たとえ防波壁が完成しても再稼働はできない」と、
一貫して、その姿勢を崩していません。
もし再稼働への動きあった時は、
浜岡原発再稼働の是非を問う県民投票の実施に踏み切るでしょう。
川勝知事は、県民の安心・安全を最優先に考えています。

川勝知事の政治理念は、
「来る者は拒まず、助力を惜しまず、見返りを求めない」
「県民の県民による県民のための県政」
です。

今回、川勝知事とともに選挙戦を戦い、
その揺るぎない信念と、ふじのくにづくりへの強い決意を感じました。

そして今日、知事とともに当選の喜びを分かち合い、
県民のみなさまのご期待に応える責任と使命を感じました。

住んでよし 訪れてよし
生んでよし 育ててよし
学んでよし 働いてよし

みんなで創ろう理想郷・ふじのくに!!

川勝県政の第2ステージがいよいよ始まります。

2013.03.19

新たな気持ちで

県議会2月定例会が、きょう閉会しました。

合わせて、
私の「民主党・ふじのくに県議団」入りが、正式に決まりました。
会派への加入は、4月1日です。

これまで、私は「無所属」で活動しておりましたが、
無所属議員の活動というのは、かなり制限されます。
議員活動の幅を広げるためにも、
会派に所属する必要性を強く感じておりました。
そんな中で、「民主党・ふじのくに県議団」とご縁があり、
このほど、所属させていただくことになりました。

上記会派を選択した理由は、主に3つあります。

1つめは、
自分の掲げていた政策に近く、
政治理念・政治スタンスが一致していたことです。
新たに策定された「民主党綱領」にも共感しました。

2つめは、
これまで、三島市内で、
働く人の声を県政に届ける議員がおりませんでした。
社会を支える労働者の声にしっかりと耳を傾け、
労働環境の整備に取り組む必要性を感じておりました。

3つめは、
地元選出の細野豪志民主党幹事長との連携強化が、
地域の発展を加速させることにつながるからです。
三島市内でも、政策実行のためには、国・県・市の協力が不可欠です。
細野幹事長や豊岡三島市長とも連携を取りやすい政治環境が大切です。

『三島の元気は、静岡の元気』
『静岡の元気は、日本の元気』です。

新しい年度、新しい会派で、新たな気持ちで、
誠心誠意がんばってまいります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

遠藤行洋

2013.01.01

年頭ごあいさつ

あけましておめでとうございます

健やかに新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。

「歳の瀬選挙」が終わり、いま、日本は大きな転換点を迎えています。

安倍首相は経済再生を最優先に掲げていますが、
政権奪還した後に、次々と政策転換しています。
数のチカラで押し切られることがあってはなりません。
今後、しっかりと注視していく必要があります。

静岡県も、ことしは、今後の針路を決める重要な年です。

新東名高速道路が開通して、静岡県を取り巻く環境が大きく変化しています。
新東名沿線地域の開発と発展をめざす「内陸のフロンティア」です。

来年春に、函南町平井まで開通予定の東駿河湾環状道路も、その対象です。

箱根の入り口にあたる「三島塚原インター」周辺はもちろんですが、
伊豆の入り口にあたる「大場・函南インター」周辺の開発も、重点課題です。

この取り組みは、国・県・市町が一体となって事業展開していかなければなりません。
川勝知事とともに、全力で取り組んでまいります。

また、富士山の世界文化遺産登録も目前です。
私は、登録されることを確信していますが、大切なのは、その後です。

世界文化遺産となった暁に、県としてどのように取り組むのか?
観光客誘致はもちろんですが、
新産業の育成、雇用創出、地域経済の発展など、
複合的に、その価値を活かさなければなりません。

富士山静岡空港の利活用や、
日本ジオパークに認定された伊豆半島との連携も必要です。

その他にも、
地震・津波対策や浜岡原子力発電所への対応など、
やるべきことは山積しています。

川勝知事の任期も、あと半年あまり。
当面する県政の諸課題に、どう対応するのか、
知事としての手腕が問われるところです。

川勝知事は、2期目への進退をまだ明らかにしていませんが、
周囲の状況からみて、2期目に向けて意欲十分です。

私は、昨年11月、会派解散に伴い、無所属になりましたが、
愛する郷土・静岡県の未来のために、何ができるのか、何をすべきなのか、
みなさまの声に耳を傾けながら、しっかりと活動してまいります。

この新しい一年が、みなさまにとりまして、
幸多き年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                  平成25年 元旦  遠 藤 行 洋

Page: Prev 1 2 3 4 5 6 7 Next
;

ブログ