県議はえんどう 静岡県議会議員 えんどう行洋 オフィシャルサイト

文字サイズ

ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

最新記事一覧

2015.05.20

静岡県教育長に木苗直秀氏

静岡県教育長に前静岡県立大学学長の木苗直秀氏が任命されました。

私は、今年度、総務委員会副委員長に選任されました。
教育長人事案が付託された総務委員会で、木苗氏をお招きし、
所信を伺うとともに、教育観などに対する質疑を行いました。
また、本会議では、ふじのくに県議団を代表し、討論を行いました。

木苗氏の所信表明や質疑からは、
社会総がかりの教育を進めていこうという、
静岡県の教育方針に沿った考えをお持ちであることがわかりました。
教育行政の変革期に当り、ぜひご見識を活かしていただき、
将来を担う本県の子どもたちの教育の先頭に立っていただきたいと思います。

教育現場を預かるにあたり、小中高校の教員経験がないことが懸念されますが、
これに対しては、
「見る、聞く、話すという現場主義で、小中高大連携した教育行政を行いたい」
との発言がありました。
多忙化の解消など、課題解決に向けて、現場の教職員の声を積極的に吸い上げるなど、
現場本位の教育を進めていただきたいと思います。

72歳という年齢で、教育長の激務に対応できるかという点については、
「野球部の顧問を30年間つとめ、体力には自信がある。
 これからは、言葉のキャッチボールを頑張りたい」と意欲を語りました。

木苗氏の真摯な答弁から、
本県の子どもたちの将来を見据えた教育にかける思いや、
幼少期から大学卒業後まで通したトータルでの人材育成を進めていきたいという想いが
強く伝わってまいりました。

将来の静岡県、そして、日本を支える次世代の人材育成を進めるにあたり、
社会総がかりの教育体制の構築は不可欠です。
これまでのご経験を活かし、
静岡県が掲げる「有徳の人づくり」を先頭に立って進めていただき、
子どもたちを中心に据えた教育行政を全力で推進していただくことを期待しています。

2015.04.13

当選結果報告

4月12日に執行されました静岡県議会議員選挙におきまして、
14,141名という たいへん多くのみなさまにご支援をいただき、
2期目の当選を果たすことができました。

私に1票を投じ、信任してくださった方々お一人おひとりのご期待を胸に刻み、
そのお気持ちにお応えできるよう、覚悟と信念を持って、
県政に全力で取り組んでまいります。

本来であれば、ご支援に対し御礼を申し上げなければならないところですが、
公職選挙法第178条に、当選後の御礼についての制限がありますので、
選挙の結果についてのご報告とさせていただきますことをご理解ください。

今後とも、ご指導ご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

                       静岡県議会議員 遠 藤 行 洋

2015.01.18

民主党代表選

岡田克也代表代行が、新代表に選ばれました。
細野豪志元幹事長は、1回目の投票でトップでしたが、
決選投票において僅差で敗れました。

私たち、静岡県連の県議団は、全国を駆け巡り、
細野さん支援のお願いに東奔西走しただけに、悔しい気持ちでいっぱいです。

細野さんは、
「過去との決別」と「新しい民主党を創る」を掲げ、
民主主義、立憲主義の危機を憂い、
経済政策、安全保障、政党文化に対する政策を訴えましたが、
及びませんでした。

民主的な選挙で決まったことですから、結果についての言及は控えますが、
民主党が変わる絶好の機会だっただけに、本当に残念です。

岡田新代表には、挙党態勢で民主党の再生を最優先に行い、
そのうえで、国民の信頼を回復し、
政権奪還への気概を持って党運営にあたってもらいたいと思います。

その最初のハードルが、4月に行われる統一地方選挙です。
統一地方選挙は、「国政選挙」です。
しっかりと勝ち抜いて、民主党再生の第一歩にしなければなりません。

私たちは、次回は必ず、細野さんを代表に押し上げ、
政権を奪還した暁には、総理大臣になってほしいと思っています。
日本のために・・・。

2014.12.19

来年度予算編成で知事に要望

平成27年度は、総合計画後期アクションプランの折り返し点を迎え、
大規模地震への万全な備え、
内陸フロンティアを拓く取り組み、
人口減少社会への挑戦、
新成長産業の育成と雇用創造など、
計画で定めた目標の早期達成に向けた大切な年です。

現在、国内においては、4月の消費増税、急激な円安等の影響により、
GDPが2期連続でマイナス成長となる等、経済環境は先行き不透明な状況です。

静岡県の来年度予算編成においては、
現時点での財源不足は407億円であり、
厳しい予算編成になることが見込まれます。

富国有徳の理想郷 “ふじのくに”づくりの総仕上げに向けて、
基盤となる財政の健全性を堅持することが不可欠であり、
県債残高の抑制や、
財政の持続可能性を補完する基金の確保に努めていくことが必要です。

そこで、私たち、ふじのくに県議団は、来年度の予算編成にあたり、
会派の政策理念である「命」「豊」「人」「礎」に基づき、
7つの重点政策と施策を「政策提言2015」として提出いたしました。

「政策提言2015」の内容については、
近日中に、ふじのくに県議団ホームページにて公開いたします。

2014.12.19

県議会12月定例会閉会

県議会12月定例会が、きょう閉会しました。

「平成26年一般会計補正予算」他、
37件の議案すべてが、可決成立しました。

今回の補正予算は、
医療・介護サービスの提供体制を拡充するための基金への積み立て、
及び、関連事業実施の経費、富士山静岡空港の利便性の向上と
利用促進のための経費など、90億4800万円の補正を行いますが、
「富国有徳の理想郷ふじのくに」の早期達成に向け、
迅速に対応する必要がある事業を実施するための補正です。
特に、医療・介護サービス提供体制の拡充に、
41億6700万円を計上するなど、
「人への投資」を第一に考える県政運営は、高く評価できます。

また、議員提出で、
「静岡県がん対策推進条例」が成立しました。
この条例は、
がん患者とその家族を含めた全ての県民が参加するがん対策を推進することで、
県民の皆さまが生涯に渡って健やかに安心して暮らせる社会の実現に寄与するため、
制定したものです。
私自身のがん体験者としての経験を活かし、実効性のある条例になったと思います。

私たちは、これからも、議会としての権能である議決権を活かし、
条例制定に全力で取り組んでまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2014.08.10

三島市の要望に対応

私たち、ふじのくに県議団は、現場主義をモットーに、
毎年、各市町から静岡県への要望をお聞きしています。
平成26年度予算に対して、三島市からは、7つの要望をいただきました。
各要望への措置状況や、予算計上額、事業への考え方をまとめました。

■三島総合病院の周産期医療施設整備に伴う医療従事者の確保

医師確保については、国による抜本的な施策が必要です。
診療科間、地域間の医師偏在を解消するため、
都道府県ごとに必要な医師数を明示し、
県が医師の配分機能を担えるよう、引き続き国へ要望していきます。

静岡県としても、
全国に先駆けて設置した「ふじのくに地域医療支援センター」を中心として、
医師確保対策に取り組んできました。
また、医学修学研修資金の貸与枠を120人に拡充するとともに、
貸与者を県内の公的病院等へ配置することにより、
医師確保対策の充実・強化を図ってまいります。

■不育症の普及啓発と不育症治療費の助成

不育症の治療は、一部の検査、治療を除き、原則的に保険が適用されます。
不育症は原因不明なものが多く、特別な治療を必要としない場合があることから、
治療費助成については、
国や他県の状況等も見ながら慎重に検討すべきと考えています。

なお、相談体制については、平成24年7月に不育症の専門相談窓口を設置し、
不育症に関する相談に対応するとともに、その窓口を通じて、
不育症についての普及啓発に努めています。

さらに、平成26年度は、不育症支援にあたる者を対象とした研修を行い、
不育症の方々が次の妊娠に前向きになれるような支援を実施してまいります。

今年度は、「不妊・不育専門相談センター運営事業費」として515万円を、
「ふじのくに少子化対策特別推進事業費」として1億2000万円を予算計上しました。

■社会福祉施設等施設整備費補助金交付

生活介護事業所「みしまさくら」を移転改築する社会福祉法人三島市社会福祉協議会
及び就労継続支援A型事業所「手づくり工房・イルカ」を移転改築する
特定非営利活動法人フレンドシップ・イルカに対して助成を行うため、
平成26年度に予算を計上しています。

なお、社会福祉法人ウェルネスケアの整備案件については、
三島市障害福祉計画との整合性を図った整備内容となるよう、
法人において事業計画を再度検討しているところです。

今年度、障害者施設等整備費として、6億1280万円の助成を行います。
うち「みしまさくら」が7950万円、「手づくり工房・イルカ」が3960万円です。

■源兵衛川、境川・清住緑地、丸池、柿田川回遊ルート整備

三島市では、源兵衛川から境川・清住緑地、丸池、柿田川へと、
湧水群を結ぶ水辺景観と自然を楽しむ回遊ルートの整備を、
清水町と連携して計画しています。

回遊ルートが完成しますと、富士山を背景とした特色ある地域づくりができます。
市町が観光振興を目的として施設整備を実施する場合には、
観光施設整備事業費により支援しています。

市が具体的な事業計画を策定した時点で、事業内容を精査し、
観光施設整備事業費補助制度に基づいて助成していきます。

■三島停車場線修景整備事業

県道三島停車場線本町交差点から三島駅までの470m区間の電線類地中化事業は、
平成27年完了を目途に静岡県が事業を進めています。

この路線は、市街地の南北軸の中心であり、
本事業は商業の活性化や景観形成等に寄与する重要な事業です。
地元商店街や市民も大いに期待をしているとともに、
今後の三島市のまちづくりの核にもなっています。

現在、芝本町地内で電線地中化工事を実施しており、
一日も早い完了を目指し、引き続き整備を進めてまいります。

■子育て理想郷“ふじのくに”地域モデル事業

「子育て理想郷ふじのくに地域モデル事業」は、
地域の特性や実情を踏まえた少子化対策に取り組む市町を重点的に支援し、
出生率の向上を目的としています。

平成25年度の事業終了後は、
市町が独自の財源で事業を継続することとしており、
今年度以降、県はモデル事業を実施した市町と協働の上、
事業効果を検証していく予定です。

なお、少子化対策に積極的に取り組む市町が増えることは、
子育て理想郷”ふじのくに”の実現につながります。
国が設けた「地域少子化対策強化交付金」を活用し、
三島市とも連携して、静岡県の少子化対策の強化・充実を図ってまいります。

■「内陸のフロンティア」を拓く取組に関連した支援

防災・減災と地域成長の両立を図る取り組みを県内全域へ広げるため、
一層の官民連携を図りながら、
総合特区や県が指定する区域における市町を支援してまいります。

平成26年度当初予算「内陸のフロンティア」推進事業費は5350万円で、
アドバイスチーム派遣による市町の地域づくり構想の支援や、
内陸フロンティア推進区域において、
市町が事業を具体化するために必要な調査への支援などを行ってまいります。

Page: 1 2 3 4 5 6 7 Next
;

ブログ