県議はえんどう 静岡県議会議員 えんどう行洋 オフィシャルサイト

文字サイズ

ブログ

  1. ホーム
  2. 新着情報

カテゴリーで見る

2012.10.26

活動リポート更新しました

所属する「企画文化観光委員会」の県内視察をリポートします。

県のエネルギー政策として、
中部電力東清水変電所、大井川塩郷ダムなどをリポート。

また、静岡県立大学短期大学部を視察し、
今後の看護教育の在り方について考えました。

2012.10.11

原発県民投票条例について

「中部電力浜岡原子力発電所の再稼働の是非を問う県民投票条例」の採決が、
きょう行われ、条例は、原案・修正案ともに否決されました。

私は、熟慮した結果、今回、この条例案に賛成票を投ずることはできませんでした。

以下、その理由を記します。

「そもそも論」になりますが…
いま、浜岡原発は停止しています。
国も、中部電力も、「浜岡再稼働」とは一言も言っていません。
川勝知事も「安全性が確保されない限り、浜岡の再稼働はありえない」と、明言しています。

このような状況下で、
「再稼働の是非を問う県民投票条例案」を適切に判断することが、今議会に求められました。

今回は、あくまでも、
県民投票を実施するための「手続き」が適切かどうかの判断です。
否決されたのは、県民投票を実施するための条例案であって、
「浜岡原発の再稼働の是非」を議会として判断したわけではありません。
「条例案否決」イコール「再稼働賛成」ではないのです。
その点を、まず、みなさんにご理解いただきたいと思います。

■原案について

法制度上、多数の不備があり、実現不可能なものでした。

条例制定を請求した市民団体「原発県民投票静岡」の鈴木望代表は、
当初、条例案の不備に対して耳を貸さず、
「どこが悪いのか。見解の相違だ」と、強気の姿勢を崩しませんでした。

鈴木氏は、厚生労働省出身で、元磐田市長です。
行政のプロとして、そのくらいのことは分かっていたはずです。
なぜ、不備を承知で条例案を提出したのでしょうか?

鈴木氏は、県議会総務委員会の中で、
「条例案はこんなものでいいと思った」と、答えていました。
請求団体の代表者として、あまりにも無責任な発言です。
本当に、この条例案を実現しようと思っていたのでしょうか?

■修正案について

鈴木代表は「原案に不備があるなら修正してもらってけっこうです」と、
県議会に丸投げしました。
その態度に、川勝知事も遺憾の意を表していました。

ただ、付託を受けた議員は、真剣に、この条例案に向き合いました。
なんとか民意を活かす方策はないものか…?
各会派内で、議論に議論を重ね、対応を協議しました。
その結果、一部の有志が修正案を提出することになりました。

修正案は、法制度上の不備はありませんでした。

ただ、提出されたのは、本会議最終日。採決当日です。
審議する時間もありません。
その場で、議員に賛否の判断を求めるのは、無理があります。

また、修正案は、提出された原案とかけ離れた「全面改訂版」になっていました。

例えるなら…
かつ丼を注文したら、出てきたものは、鉄火丼だった。
かつ丼を注文した人は、鉄火丼でもよかったのでしょうか?
16万5000人の方々は、「かつ丼が食べたい」と、署名したのではないですか?
「鉄火丼を注文したつもりはない」という県民も多いのではないでしょうか?

29条にわたる修正案で、私が特に問題と感じたポイントは、次の3点です。

1 投票の期日:
『浜岡原発の安全対策が完了し、国が再稼働についての検討を開始したと知事が認めるとき』
となっていますが、この時期がきわめて曖昧です。
現在建設中の防波壁は、完成まで、まだ1年半かかります。
新たにオフサイトセンターも建設しなければならないでしょう。
どんなに早くても、実施時期は、3年以上先になってしまいます。

2 投票の執行:
『全ての市町に対し、事務の委託をすることができないと認めたときは、県民投票を行わない』
となっていますが、現時点で、すでに4市町が事務委託を拒否しているということです。

3 投票の成立要件:
『投票率が50%に満たないときは、開票作業を行なわない』とあります。
投票率が、49.9%だったら開票しないことになります。

以上の点から、私は、修正案にも賛同できませんでした。

署名した方々の想いを考えると、反対票を投ずるのは断腸の思いでしたが、
今回は、一人の「議会人」として、判断をさせていただきました。

条例は、国でいうと「法律」と同じです。
したがって、議員の投票行動には、大きな責任が伴います。
条例案に100%納得できなければ、賛成することはできません。
ご理解いただきたいと存じます。

また、今回の直接請求には、政治的思惑も絡み合っていたように感じました。
もし、そうであるとするならば、本当に残念なことです。

条例案は否決されましたが、この問題は、今日で終わりではありません。
県民の声に真摯に耳を傾け、議論を深める契機にしなければなりません。

県民の生命と財産を守り、安心・安全な「静岡県づくり」に全力を尽くすことが、
私たち議員に課せられた責任と使命だと、その認識を新たにしました。

住民投票などの直接民主制は、あくまで代表民主制を補完するものですが、
このような条例案が直接請求されたことは、
多くの県民が、政治に対して、不満と不信を抱いている表れだと思っています。

失われた政治への信頼回復に努めることが、
国・地方を問わず、すべての政治家に求められています。

2012.10.01

活動リポート更新しました

この夏、沖縄の米軍基地問題をリポートしてきました。

米軍基地の現状と課題をお伝えします。

ぜひ最後までご覧ください。

2012.09.19

原発県民投票条例案提出

県議会9月定例会が、きょう開会しました。
川勝知事は中部電力浜岡原発の再稼働の是非を問う県民投票条例案を提出しました。

知事は議案説明のなかで、条例制定への賛意を表明。
「県民一人一人が意思を表明する機会を逸してしまうことは妥当ではない」と理由を述べました。

浜岡原発の再稼働については
「安全性の確保が大前提であり、安全性が確保されない限り、
再稼働はありえない」と、従来の持論を展開。
また、オフサイトセンターの立地や使用済み核燃料の処理などにも問題があり、
その処理方法が確立するまでは安全性は十分ではないとも述べました。

その上で、直接請求の署名数が、
法定数を大きく上回ったことを「重く受け止めている」と強調。

直接請求は、住民自治を図るための重要な手段とし、
「再稼働の是非について意見を表明し、
その結果を県政に直接反映させたいという多くの県民の思いの表れ」と、
賛意に至った経緯を述べました。

また、条例制定を直接請求した市民団体「原発県民投票静岡」の
鈴木望共同代表らも意見陳述しました。

知事の提案説明は、十分に理解できました。
請求者らの条例案に対する想いも伝わってきました。

『ボール』は、県議会に投げられました。
議会の責任は重大です。
様々な観点からしっかりと議論し、県民目線で判断したいと思っています。

採決は、10月11日です。

2012.06.26

増税の前にやるべきことがある

消費税増税法案が衆議院で可決されました。

みんなの党の渡辺喜美代表は、
消費税増税法案が可決したことについて、
「日本の政治史に一大汚点を残すことになろう。何としても法案が成立しないよう、
ありとあらゆる手だてを尽くして参院で戦っていかなければならない」と強調しました。

また、小沢一郎元民主党代表らが衆院に内閣不信任決議案を提出した場合の対応については、
「みんなの党は、参院で首相問責決議案を提出しているので、賛成していきたい」と語りました。

民主・自民・公明3党合意による修正案は、審議不十分。
採決へのプロセスも、到底納得できるものではありません。

マニフェストで約束したことをやらないで、約束しなかったことをやる。

法案に反対した民主党議員は57名。
この数字は重い数字です。

デフレ経済下で増税しても、税収増にはつながりません。

いまは、景気対策が急務です。
経済成長の道筋をつけることが先決です。

消費税増税法案は、
今日生まれたばかりの赤ちゃんまで、年間で1人10万円の大増税です。
4人家族だと年間40万円の負担増です。

先行き不透明の中での増税は、将来への不安が増すばかりです。

民主党のキャッチコピーは『国民の生活が第一』
国民目線が原点の政治は、どこに行ってしまったのでしょうか。

政治は、いま大きな転換点に差し掛かっています。

2012.06.22

県議会開会日の話題は

県議会6月定例会が始まりました。

開会日のきょうは、
提案された議案について、知事からの説明がありました。

今回提案された議案は、補正予算がメインで、
特に「紛糾」するようなものはありません。

そんな穏やかな雰囲気からか、
県庁の中での話題は、もっぱら国会です。

26日の消費税増税法案採決で、
小沢元代表のグループらが54人以上「造反」すると、
衆議院で、民主党が過半数を割るからです。

きょうは、同僚議員や、県政担当記者らと「票読み」を行ったり、
26日採決後の「政界シミュレーション」をしたりと、
本会議の後も、話が尽きませんでした。

26日の採決は、単に国政の問題に止まらず、
地方議会にも大きな影響があります。

私たち地方議員は、政党を軸に会派を構成しています。
政党の軸足が変われば、地方議員の軸足も変わります。

日本の政党政治はどうあるべきか?
その答えは、いまだ見つかりませんが、
少なくとも、この国には、二大政党制は根付かないのかもしれません。

政権交代をしやすくしようと導入された小選挙区制度ですが、
その限界が見えてきました。

「壊し屋」「剛腕」と異名をとった稀代の政治家が、最後の大勝負に挑むのか・・・
私は、「期待」をもって注目したいと思います。

Page: Prev 1 2 3 4 5 6 7

ブログ