県議はえんどう 静岡県議会議員 えんどう行洋 オフィシャルサイト

文字サイズ

ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

月別で記事を見る

2014.12.24

12月25日 ふじのくに県議団会派街頭報告会を行います

県議会ふじのくに県議団では、
下記の日時で、会派街頭報告会を行います。

■ 平成26年12月25日(木)
 9:30~ 富士市ロゼシアター前
10:30~ 富士宮浅間大社前
12:30~ 御殿場駅前
13:30~ 小山町丸善食品前
14:30~ 裾野市ベルシティ前
15:30~ 三島駅南口
16:30~ 伊豆の国市マックスバリュ前

■ 参加県議
池谷晴一(御殿場市・小山町)
四本康久(富士宮市)
桜町宏毅(富士市)
遠藤行洋(三島市)

お近くの方は、ぜひお越しください。
お待ちしています。

2014.12.19

来年度予算編成で知事に要望

平成27年度は、総合計画後期アクションプランの折り返し点を迎え、
大規模地震への万全な備え、
内陸フロンティアを拓く取り組み、
人口減少社会への挑戦、
新成長産業の育成と雇用創造など、
計画で定めた目標の早期達成に向けた大切な年です。

現在、国内においては、4月の消費増税、急激な円安等の影響により、
GDPが2期連続でマイナス成長となる等、経済環境は先行き不透明な状況です。

静岡県の来年度予算編成においては、
現時点での財源不足は407億円であり、
厳しい予算編成になることが見込まれます。

富国有徳の理想郷 “ふじのくに”づくりの総仕上げに向けて、
基盤となる財政の健全性を堅持することが不可欠であり、
県債残高の抑制や、
財政の持続可能性を補完する基金の確保に努めていくことが必要です。

そこで、私たち、ふじのくに県議団は、来年度の予算編成にあたり、
会派の政策理念である「命」「豊」「人」「礎」に基づき、
7つの重点政策と施策を「政策提言2015」として提出いたしました。

「政策提言2015」の内容については、
近日中に、ふじのくに県議団ホームページにて公開いたします。

2014.12.19

県議会12月定例会閉会

県議会12月定例会が、きょう閉会しました。

「平成26年一般会計補正予算」他、
37件の議案すべてが、可決成立しました。

今回の補正予算は、
医療・介護サービスの提供体制を拡充するための基金への積み立て、
及び、関連事業実施の経費、富士山静岡空港の利便性の向上と
利用促進のための経費など、90億4800万円の補正を行いますが、
「富国有徳の理想郷ふじのくに」の早期達成に向け、
迅速に対応する必要がある事業を実施するための補正です。
特に、医療・介護サービス提供体制の拡充に、
41億6700万円を計上するなど、
「人への投資」を第一に考える県政運営は、高く評価できます。

また、議員提出で、
「静岡県がん対策推進条例」が成立しました。
この条例は、
がん患者とその家族を含めた全ての県民が参加するがん対策を推進することで、
県民の皆さまが生涯に渡って健やかに安心して暮らせる社会の実現に寄与するため、
制定したものです。
私自身のがん体験者としての経験を活かし、実効性のある条例になったと思います。

私たちは、これからも、議会としての権能である議決権を活かし、
条例制定に全力で取り組んでまいります。

どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ