県議はえんどう 静岡県議会議員 えんどう行洋 オフィシャルサイト

文字サイズ

ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ

月別で記事を見る

2013.01.01

年頭ごあいさつ

あけましておめでとうございます

健やかに新年をお迎えのことと、お慶び申し上げます。

「歳の瀬選挙」が終わり、いま、日本は大きな転換点を迎えています。

安倍首相は経済再生を最優先に掲げていますが、
政権奪還した後に、次々と政策転換しています。
数のチカラで押し切られることがあってはなりません。
今後、しっかりと注視していく必要があります。

静岡県も、ことしは、今後の針路を決める重要な年です。

新東名高速道路が開通して、静岡県を取り巻く環境が大きく変化しています。
新東名沿線地域の開発と発展をめざす「内陸のフロンティア」です。

来年春に、函南町平井まで開通予定の東駿河湾環状道路も、その対象です。

箱根の入り口にあたる「三島塚原インター」周辺はもちろんですが、
伊豆の入り口にあたる「大場・函南インター」周辺の開発も、重点課題です。

この取り組みは、国・県・市町が一体となって事業展開していかなければなりません。
川勝知事とともに、全力で取り組んでまいります。

また、富士山の世界文化遺産登録も目前です。
私は、登録されることを確信していますが、大切なのは、その後です。

世界文化遺産となった暁に、県としてどのように取り組むのか?
観光客誘致はもちろんですが、
新産業の育成、雇用創出、地域経済の発展など、
複合的に、その価値を活かさなければなりません。

富士山静岡空港の利活用や、
日本ジオパークに認定された伊豆半島との連携も必要です。

その他にも、
地震・津波対策や浜岡原子力発電所への対応など、
やるべきことは山積しています。

川勝知事の任期も、あと半年あまり。
当面する県政の諸課題に、どう対応するのか、
知事としての手腕が問われるところです。

川勝知事は、2期目への進退をまだ明らかにしていませんが、
周囲の状況からみて、2期目に向けて意欲十分です。

私は、昨年11月、会派解散に伴い、無所属になりましたが、
愛する郷土・静岡県の未来のために、何ができるのか、何をすべきなのか、
みなさまの声に耳を傾けながら、しっかりと活動してまいります。

この新しい一年が、みなさまにとりまして、
幸多き年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

                  平成25年 元旦  遠 藤 行 洋

ブログ